柳川びよりロゴバー.psd


  • 柳川のかわいい♡.gif可愛い-本文.gif



三柱神社-タイトル.gif

mihashirajinnjya.gif

お守りも、思い出のひとつに。
戸次道雪公、立花宗茂公、誾千代姫の3体の祭神を祀った三柱神社は、赤い欄干橋が印象的な柳川でも代表的な神社の一つです。柳川のことを知って頂きたい、お守りも旅の思い出のひとつにと考えた宮司さんたちの思いから生まれたお守りは、三柱神社の秋季大祭で有名な“どろつくどん”や、立花宗茂公の兜を描いたものなど柳川ゆかりの絵柄で人気のお守りです。三柱神社には、昔からご神木として縁結びや魔よけなどのお守りで知られる“梛の木”があり、遠方から希少な梛の木を求めて訪れる方も。


ひとつひとつ丁寧につくられた
50個限定、縁結びのお守り
梛の葉は横になかなかちぎれないので、昔から縁結びのお守りとされています。三柱神社の梛の葉守は、神社内の梛の木の葉を宮司さんたちがつむところからひとつひとつ手作業で作るので、毎月縁日の16日に50個限定でしか出されない希少なお守です。

梛の葉守り.gif

梛の木.gif

自分で探す楽しみも。
梛の葉守には、ご縁がありますようにと5円玉が入っています。三柱神社内にある梛の木を自分で探し、その5円玉を結び祈願するのが三柱神社流。神社内にある柳川出身の横綱雲龍から寄贈された灯籠や、立花宗茂公ゆかりのものなど、探検しながら探せばいろんな発見も。

“どろつくどん”は柳川の伝統。
柳川の秋のお祭り“おにぎえ”で、山車の上でお囃子を披露しながら市内を練り歩くどろつくどん。おにぎえの中日の夜には市内のどろつくどんが勢揃いし、迫力ある舞を見るたくさんの人でにぎわいます。そんな“どろつくどん”が絵柄となったお守りは、身守りとして。

どろつく守り.gif

蘇り守り.gif

復活を願うお守り。
立花宗茂公は、関ヶ原の戦いに破れ改易された後に、旧領である柳川に大名として復帰を遂げたただ一人の武将です。そこに由来し、蘇り守がうまれました。蘇り守には伝説の鳥・鳳凰が描かれ、病気からの回復や再就職など、再び力が蘇るようご祈願されたお守。東北大震災の後には被災者へのお見舞いとして多くの人がこのお守を求めて訪れました。

あらゆる困難に打ち勝つお守り。
龍が描かれたお守りは、勝守。受験や試験、スポーツなどの勝負どきやその他のさまざまな困難に打ち勝てるようご祈願されたお守。高校生が試合前や受験前、就職を目指す先輩を応援するために買い求めにくることも多いのだとか。

勝ち守り.gif

成就守り.gif

立花宗茂ゆかりのお守。
百戦錬磨の立花宗茂公のご利益にあやかり、願いが叶うように祈願されたお守。立花宗茂公が冠っていた鳥の羽と大きな輪が特徴の兜が絵柄になっており、力強く描かれた絵馬と合わせれば効果も倍増!?

立花家史料館.psd立花家史料館.psd

三柱神社上.gif

むつごろうクッキー.jpgむつごろうクッキー.jpg

ムツゴロウもなか.jpgムツゴロウもなか.jpg

菓舗とらや水まんじゅう.jpg菓舗とらや水まんじゅう.jpg

柳川マステ.jpg柳川マステ.jpg